スムーズに鍵開けを行なうために~南京錠の種類を把握する~

南京錠ってどんな鍵?

身近に使用されている南京錠ですが、意外とその実態を知っている人は多くありません。南京錠は場所を問わず様々なシーンで使用できます。鍵の種類も数多く登場しているため、自分に適した南京錠が選べます。ここでは、南京錠のメリットや種類について見てみましょう。

南京錠はいろんな場所で使用されている

鍵

南京錠は場所を問わず、施錠ができる利便性の高い鍵です。プレハブや倉庫、自転車の鍵、ロッカーなどあらゆるシーンで使用することができます。ホームセンターなどで購入できるため、身近な分野で使用されている南京錠ですが、近年では南京錠にロゴを入れたり、写真を入れたり、カラーバリエーションが選べたりと、商品の幅も広がっています。

南京錠の種類

シリンダータイプの南京錠
最もスタンダードな南京錠として、シリンダータイプが挙げられるでしょう。シリンダータイプは、付属の鍵を使用して解錠するタイプの南京錠です。鍵を持っている本人でしか鍵開けができないため、南京錠の種類の中でも防犯性が高いタイプになっています。しかし、鍵を紛失するといったトラブルが起こりやすい傾向にあるため、鍵の管理を慎重に行なわなければならない一面もあります。
ダイヤルタイプの南京錠
南京錠のトラブルを経験したことがある人に人気が高いのが、ダイヤル式の南京錠です。決められた番号に合わせるだけで鍵開けができるので、鍵を管理する手間もかかりません。家族など、複数人で鍵を管理する際も、解錠番号だけを共有しておけば鍵の管理が不要なので非常に便利です。可変式の南京錠や、オーダーメイドに対応している鍵屋であれば好きな番号に登録できるので、解錠番号を忘れてしまうような心配もないでしょう。
可変タイプの南京錠
可変式タイプとは、ダイヤル式のナンバーを自分で設定できるタイプの南京錠を言います。解錠番号を自分の誕生日や、記念日にすることで番号を失念する恐れもありません。可変式タイプの最大のメリットは、番号がすぐに変更できることです。鍵を管理している人間が入れ替わった際でも、番号を変更することで防犯性を高めることが可能です。
TOPボタン